雑感:黒沢清「旅のおわり世界のはじまり」

 

黒沢清の最新作を見てきた。舞台はウズベキスタン

tabisekamovie.com


以下は簡単な感想メモ。

この映画はその舞台を湖から山へ移していくことで物語が展開していく。
前半部では、徹頭徹尾、カメラクルーがそうするように水辺は人間の有機的な動きを封じ、モノのように不自由な体にしてしまう。そこでは人間はギクシャクした動きと人間関係しか取り結ぶことができない。こうしたことがカメラと水辺のショットの連なりから直感的に想像される。例えば、カメラクルーにモノのように扱われる前田敦子。移動式遊園地撮影にて前田敦子を追い込む拷問具のような回転遊具(行き過ぎた人間のモノ化が鑑賞者の笑いすら誘う)。湖での難航するロケ。地元の漁師との最悪な関係性。「海は自由の象徴なんてものではない。そこは危機的な場所である」と言わしめる前田敦子の彼氏が働く「東京湾」付近の石油コンビナートで大規模火災発生。


後半部では真の異文化交流がそうであるように山岳地帯は人間が感情を取り戻し、その人らしさを発揮できる、いわば自由の象徴として扱われる。例えば、クルー一同は前田のジャストアイデアで羊を「金で買い」山に返して自由の身へ。前田敦子は警官の尋問からウズベキスタン人を手段(金)ではなく人間として理解し始め、ラストには山の頂上あたりで自由の身となった羊を見下ろしつつ「愛の讃歌」の歌唱へと至る。

こうしてざっくりと展開を見てくるとこう言いたくなる。この映画は前田敦子がアイドルから歌手(女優)へと変身するための通過儀礼を文字通り示した作品と。(実際にそうした方向で論じている記事や感想も多い)

なるほど、たしかに彼女は中盤でホテルの床でごろごろ転がったり、のたうち廻ったりして、多少の苦悩や疲労は見せている。が、僕はそうした苦しみを超えて前半と後半で何か決定的な変化が起きたかといえばそうではないと思う。そこがこの映画の怖いところだ。少なくとも前田敦子にははじめから、アイドルと歌手、あるいは「モノ」と人間の間には越えるべき山なんてなかったかのように映るのだ。そこには作中のあらゆるターニングポイントに対して、たとえそれがなかったとしても前田敦子なら成立してしまう、という空恐ろしさが潜んでいる。と言っても、これは批判ではない。この変わらない「ひらぺったさ」こそ、前田敦子の才能なのだと思っている。

 

掲載情報(2019年6月)

ウェブ版美術手帖にレビュー寄稿しました。

RAT HOLE GALLERYで開催された、ハーヴィン・アンダーソンの日本初の個展「They have a mind of ther own」についてです。 

 

「・二重の疎外を請け負う画家のアイデンティティをめぐる実践

 「彼らには彼らなりの知性がある」、こうしてタイトルを訳すとき、彼らとは誰を指しているのか。ひとつの主語をめぐる繊細な問いを投げかける本展は、ジャマイカ系移民の両親のもとイギリス・バーミンガムに生まれ、現在はロンドンを拠点に活躍する画家、ハーヴィン・アンダーソンの日本初の個展である。計10点の絵画は概ねカリブ海の孤島ジャマイカの海岸線や熱帯植物、観光客向けの新興ホテルをモチーフとし、...」

bijutsutecho.com

掲載情報(2019年5月)

「アートコレクターズ」2019年5月号にレビュー寄稿しました。

TPAMで開催された「ポスト資本主義オークション」についてです。

タイトル「半透明さを招き入れること」  

はじめに評者自身は本オークションを会場ではなく生中継(DOMMUNE)で視聴していたことを断っておきたい。以下の論評はあくまでも一視聴者による観測である。 

 バンクシーの「シュレッダー事件」が象徴するように、資本主義批判のアイロニーこそ模範的な資本主義的態度であるという認識はもはや自明のものとなっている。というより、アイロニーか否かの判定がつかなくなる次元に私たちの時代は突入してしまっている。とすると、その名からしてアート・マーケットを駆動する資本主義への痛烈な批判を予見させる、ポスト資本主義オークション(以下、PCA)もまた同じ穴の狢なのであろうか?結論から言えば、PCAの批判は資本主義ではなく、それを前提とする「オークションの形式」にこそ向けられていた....」

www.tomosha.com