読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれのあれシリーズ2

うんざりするほど、小さな、掃き溜めの、仕事は、いくらもらっても、覚せい剤には変わらない。刺激的な、談話も。なくなる人の弔いもすでに、済ませては、なのでトイレットは静かに、輝いている、磨いているからだ。なぜなら、戦争が戦争戦争しているからだ。理由は単純な、明快である。古典的なあれではない。そうこうしているうちに、流れ込んでいく、アポカリプトと、掲示板のメモリーの編集作業はいつか懐かしの、メガネ坊主を、ぶん殴る。いい表せない、ひどいやつさ。カツオの初競りの日に、誕生するやつがあるか。拱いていたら、滑り落ちてしまう。仕舞うよ。灯篭流しも、その中から、誕生してしまう。平成元年の四月に、起きた、ことは、言わない。けど、言いたい。というか、起きたことをいった人がいて、聞いた人がいて、口から出せない人がいて、寒いから。時間がない。泥棒さ。そう、だった。泥棒だった。動物の権利を訴える、動物であった。最後の人間であった。花を咲かせよう、とする青年であった。そう。最後の人間である、動物であった。悔しいな。眼球は生命体。途方もない旅に出たい。見えないくらい、遠くの、あの駅を、みたい。寒いから、お金がない。手を出そうとする。海岸線は立体的に、包み込む、アスペルガー的なあれ。とうとう来てしまいました。未発達の肝臓は、肺にも脳にも腸にもなり得る、金の卵である。実証された、データは読み込めない、コンピューターのせいで、一部、いい感じに成り下がった、少年になった。大丈夫、これからさ。これからのことはこれからなのですよ。風のうんと向こうに、太い電柱が、手を組んでいる。写真が目に刺さる。かゆくない。でも、嫌だ。