読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれのあれシリーズ

f:id:kouminami:20161215020546p:plain

てか、あれだって猪瀬さんも、嘘なんかついてないって、友達もいないし、当てもない、お金をないから、牛も、いっぱいもってない。みんないいですか、草原の中で一人、泣いている、アジトの位置も、グーグルにバレテンダッテ。知ってると思うけど、今どき展覧会なんて、めっちゃ大事だと思います。よ。だよね。爆発しちゃえばいいんだよ。てか、しろよ。それしかないだろ。ここまで来たら。高い塔も、建てたし、パリスももういっぱい着回したし、博士的なあれも、もうぜんぶぜんぶ知ったわけだし。一つここらで、歯でも磨いて、抜いて金ぴかに塗って、バーンと見せちゃえばいいんじゃあない。横に女のヌードでも置いておけば、困らないだろ、金には。世界中の、タリバンが集結して、頬朱くして、酔ってみれば、ただの羊飼いさ。ほんと、そう思おうな。みんな、歯を抜いちゃえばいいんだよ。わざわざ滋賀県まで行かなくても、サンパウロに全部そろってるんだし。肝臓から、脳髄まで、なんでも、けっこう安く仕入れることができるよ。光の市場で。ああ、見えないものだね。闇というもんは。焼かれて、揉まれて、もがいて、観れば、全てがないがしろになって、神も、いや髪も残すところあと、あと、考えてみれば、みんな、みんなの子なんだよ。紙は、いや髪はないし、色気もないし、草花が萌える、とんがり帽子の、首ちょんぱ。笑えないぜ。な、決して笑えないぜ。だってすべてが勘違いなんだもん。な。そうこれも勘違い。うそって。明日もつくと思うけど、眼が開いてればね、粘って粘って、きわどい土俵際、つまんない意味の連関なんて考えてたら、陽もくれちゃうよ。だって、人間だもん。だって、あれだもん。レモンだもん。大金もちのおじさんは、波乗りの赤瀬川さんは、正月から、川が流れているだけのこの街、そうイスラエルで、は、素晴らしき生活が送られている。不足する。これから、不足している。家がいっぱいある。お椀から漏れる水、とあそこをいじるスプーン、ロシアの宇宙船は、きらびやかな、血豆の数々を乗せて、苦しいな、香しいな。いいですか、明日が来ると思いますか、眼がまだ開くと思いますか。奴隷ですか、字が汚いですよ。いいですか。いい。のですか。音が響いてますよね。耳とあれが、一緒にフラフープ的な。手から、ね。でんでん虫の、背中は、灰色のブラウス。冷たい、ですね、みなさんは、今日お越しのみなさんは。でんでんむし的なあれですか。おっと、聞き逃すところでした。回転ずしの回転速度のシンクロ率は、計算不可能、ゴーギャンでも、マタイでも。でももういないから、どちらにせよ、全部、嘘。でした、天皇も、大みそかも、聖なる性も、そして、あれも、ぜんぶ、東急さんが作った、投球フォームから、繰り出される、機械的な、マシーンでした。見たことない。目と目と目と、メン。腐ったメンズたちの、なれの果ては、犬に食われるラストシーンが美しい。暗い映画だよ。あれは。部屋も暗いし、ここも暗い。画面には黒いメンズと、黒い犬と、黒いお墓。いいですか。みなさん、寝ないで起きていてくださいよ。今日は明日にはならないのだから。このゴチックの肩幅は、測定可能ですか。応答は無用です。そこかしかこに住み着いている、家のない、娘、赤い女。みんなゴチック。ちょっと、待ってみてもいいですよ。お金の問題が解決ければ、心配は要りません。お金と石さえ、磨いていれば、明日は来るはずです。聖ヨハネは言いました。ユダもきっと、あれだって。ユダも。きっとあれだって。聖パルコと同じ、あれだって。いいですか。これは事実ですよ。